濵 有彩 様   2011年10月~2014年12月 単身中学・高校留学

体験談  

体験談

体験談 体験談
体験談  

私は、Taradale Intermediate School に1学期間、そしてTaradale High School に 3年間通いました。


今、日本に帰国して振り返ってみると、我ながらよく乗り切ったなー、と思います(笑

私が一番苦労したのは、英語力と言う意味ではないコミュニケーションの取り方です。もちろん英語力も大事なのですが、日本とNZでは、文化の違いからコミュニケーションの取り方が違うように感じました。

友達はもちろん、先生やホストファミリーなど、ズバズバと思ったことや感じたことをストレートに言ってくるニュージーランドの人たちに、最初の頃はびっくりしたり、時々傷ついたりしていました。

でも、何事も慣れのようで、1年もすればその方が楽と感じるようになり、今では私も自分の意見を積極的に言えるようになりました。これは本当にニュージーランドで鍛えられて得た勲章だと思います(笑。

学校では、最初の頃は苦労を沢山したような気がします。
が、今思い返すと、大嫌いだった数学のクラスでさえ、いい思い出です。

その中でも私の一番印象に残っているクラスは、ドラマのクラスです。
元々そんなに社交的な性格ではないので、人前で演技をしなければいけない(しかも英語で!)ドラマなど、取る気はさらさらありませんでした。

しかし、時間割の関係上、美術かドラマ、どちらかを選ばなければならなくなり、絵心皆無の私は、仕方なくドラマを選択しました。
最初の頃は英語力も拙いし、今思い出すだけでも恥ずかしいです。でも、他人になりきって決められた台詞で演技をするという事は、自分自身ではないので、英語ができなくて恥ずかしいという邪念を持たずに人前で話すいい練習になりました。

日常会話では発音等に自信がなくても、台詞は何度も繰り返し練習できたので本番は意外にも普段よりも落ち着いてできました。この繰り返しで、今では人前で話すことにほとんど抵抗なく、堂々と話せるようになりました。

3年目には、英語のスピーチ大会で学年2位になることも出来ました。一応それなりに演技力も身につけたのか、今は人狼ゲームで遊ぶと「演技うまいね!」なんて褒められるおまけもついてきました!

ニュージーランドでの生活は、長いようであっという間でした。
あの経験がなかったら、今私はどんな生活をしているのだろう、と考えることがたまにあるのですが、全く想像できません!その位、ニュージーランドでの生活は私の人生を変えたし、物凄いインパクトを与えてくれました。世界は広いなぁ、と。

そして何よりメンタルを鍛え上げられました(笑。 今日本で働いていて、それなりに苦労もあり、心折れそうになることもありますが、ニュージーランドを乗り越えた私ならこんなの出来る!と、自分を奮い立たせてくれるのもまた、ニュージーランドだったりします。

全てが楽しかったわけでも、良かったわけでもありませんが、ニュージーランドでの経験、出会った人々は私にとって宝物です。

かなさんもヨシさんもおせんちゃんも、去年ドイツから日本まで遊びにきてくれたNZのホストシスターも、本当に本当に出会えて良かったです!

 

※ 写真は、留学中のもの、留学後にホストシスターと再会した時の物が混在しています。

体験談
体験談   体験談
体験談   体験談
体験談   体験談
体験談   体験談
体験談  
体験談   体験談
体験談