ニュージーランドの男子校へ高校留学するなら、無料相談のヨッテコットへ|中学高校留学 Napier Boys High School
お問い合わせはこちら お申し込みはこちら
ニュージーランド在住留学カウンセラーにスカイプ電話で直接相談!
もちろん無料です。
中・高校生留学
お役立ち情報
お役立ち情報
24時間以内にご返答いたします。
週末、NZの祝祭日を挟む場合、お時間がかかることがございます。
ご了承ください。
Napier Boys High School
Napier
ニュージーランド、男子校、高校留学 ニュージーランド、男子校、高校留学ニュージーランド、男子校、高校留学
都市 ネイピア 学校規模 1250名 滞在スタイル ホームステイ※
最寄空港 ネイピア空港 留学生数 最大35名 制服 有り
創立 1872年 日本人数 5名 在籍年齢 13~18歳
学校タイプ 公立、男子 学校HP http://www.nbhs.school.nz
概要 古い歴史を持つ男子校で、海辺に近い立地の学校です。
1250名の総学生のうち、留学生は30-35名という小規模を維持、更に一国籍からは5-7名までという制限を設けているため、留学生の英語力の伸びは目覚しいものがあります(短期のグループ留学生を除く)。
礼儀に厳しく、公立校としては比較的しっかりとした礼儀指導が行われている公立校です。
国内でも2-4位の成績をあげているラグビーを始め、サッカー、ホッケーも強いチームを持っています。

環境

ニュージーランド、ネイピア、高校留学
ネイピア市街、海から近い立地です。極一般的な地元住宅街に位置し、学生は徒歩圏の自宅、ホームステイからの通学となるか、スクールバスルート内のホームステイに手配されます。

留学生のための情報

英語関係の授業時間は最大で、合計12時間となり、内4時間がESOL(留学生のための英語補習クラス)です。学生の英語力に応じ、追加のリーディングサポートタイムが設けられるなど、各自の力を最大限に伸ばせるよう学校全体でサポートしています。

学力レベル

国内平均よりも高い成績を維持しています。大学合格率も、公立校の中では高い学校です。

特徴のある教科

Agriculture, Horticulture の教科では、校内にある葡萄畑も利用して授業が行われます。校内に葡萄畑を保持している学校は、国全体でも少数となっています。また校内にプラネタリウムがあり、Year 12,13 のEarth and Space Science(地球と宇宙科学) という理系教科を選択すると、プラネタリウムでの学習時間がたくさん組み込まれています。

その他、特記事項

寮を持つ高校ですが、地元学生のための施設となっており、留学生はホームステイ滞在がほぼ必須となります。但し、シニアの学生に関しては、特例で受け入れ可能な場合がありますので、都度お問い合わせください。

留学費用(2017/ 2018年)

入学金・事務管理費 NZ$600
授業料 年間NZ$13000
ホームステイ滞在者関連費 滞在費 週NZ$220(2017年)、週NZ$225(2018年)
諸経費 約NZ$1910(制服、文具、NZQA費用を含んだ目安金額)
アカデミックプラス NZ$1000/ 学期
*の項目は未使用分は年末、留学終了時に返金。

色々な人の声を聞いてみよう


当社スタッフより
授業中のクラスにお邪魔したら全員起立して挨拶をしてくれたことから、礼儀を重んじていることを実感しました。また校内で出会った学生に個人名で声をかける学校スタッフや、教科選択について留学生の相談にのっているスタッフの姿も見ることができ、一人ひとりにしっかりと目が行き届いていることを感じました。学習、スポーツ、芸術等をバランスよく取り入れ、各自の力を伸ばしてくれる学校ですので、あまりにトップレベルの学校はハードルが高いという方、またラグビー強豪校のため、日本でラグビーをしているという方にもお勧めできます。

地図


大きな地図で見る