ニュージーランド 高校留学 無料相談 Yottecott ヨッテコット|中高生留学FAQ
お問い合わせはこちら お申し込みはこちら
ニュージーランド在住留学カウンセラーにスカイプ電話で直接相談!
もちろん無料です。
中・高校生留学
弊社について
お役立ち情報
24時間以内にご返答いたします。
週末、NZの祝祭日を挟む場合、お時間がかかることがございます。
ご了承ください。
Home 中学・高校留学 よくある質問 -中学・高校留学

よくある質問 -中学・高校留学

中学・高校留学を検討中の方からよく届くご質問を整理し、回答をまとめてみました。ご活用下さい。
question留学可能? question入試について questionNCEA/高校卒業について questionサポートについて
question滞在先について

line

question不登校ですが、留学は出来ますか?

answerはい、可能です。但し、本人のやる気、健康な体と心、保護者様の経済的・精神的なサポートがの3つが揃ったときのみ。

question英語が出来ないのですが、中学・高校留学は出来ますか?
answerはい、可能です。状況によって、中学・高校へ入学される前に語学学校に行ったり、ESOL(留学生のための英語クラス)が充実している中学・高校を選択したり、など配慮することで、英語力の不足をカバーできますので、ご安心下さい。

line


question中学・高校へ入学するのに入試はありますか?

answerごく一部の学校を除き、入試はありません。一般的な公立の中学・高校の場合、学校指定の入学申込み用紙、過去2年分の成績、校長先生と英語担当の先生からの推薦状、そして自己推薦文を提出し、その内容を審査した結果で合否がでることになります。またニュージーランドの公立校の場合には、過去の成績だけではなく、やる気や意欲などを重視する傾向が強いのが特徴です。

question入試のある学校はどういう学校ですか? どういう入試ですか?
answer一部の私立、公立校で、いわゆる国内トップレベルの学校のみとなります。試験の内容や方法は学校によって異なりますが、英語力を確認するためのテストとインタビュー、そして教科理解度を測るための数学テストというケースが多いようです。またこういったタイプの学校の場合には、日本からの受験は難しいことが多いため、語学留学のみを手配していただき渡航、こちらで入試を受けていただく形になるのが一般的です。

line


questionNCEAって何ですか?

answer 正式名称は、National Certificate of Educational Achievement、ニュージーランドの Year 11, 12, 13(日本の高校3年間) の3学年は通常、NCEA と呼ばれるシステムに基づいて学習を進めます。このシステムの詳細は、こちらよりご確認ください( 弊社にて作成したファイルです。許可なき複写は固くお断りいたします) 。

question日本の高校卒業と同等の資格を取得したいのですか?
answer ニュージーランドの高校には「卒業」という概念がなく、Year 11.12で高校を修了しても問題はありません。順調に進級できている場合には、Year 11修了時点でニュージーランドの法律で定められている義務教育を修了、NCEA Level 1を取得できていることになります。更にYear 12修了時点ではポリテクニック(国立専門学校)への一般的な入学資格であるNCEA Level 2を取得、Year 13修了段階では大学入学資格(University Entrance Qualification)および/または高等教育修了資格(NCEA Level 3)を取得していることになります。
高校卒業に該当する資格は、上記記載の大学入学資格(University Entrance Qualification)、高等教育修了資格(NCEA Level 3)のどちらかといされるのが一般的ですが、日本の大学側の定義次第です。また一部の日本の大学では、「Year 13まで在籍していれば高校卒業同等資格と認める」としていることもあります。当資格を日本の大学受験などに利用される場合には、早めにそちらの大学の定義を確認されておくことをお奨めいたします。

question予定/希望している期間内で必ず目的の結果を得られますか?
answer確約はできません。
留学開始時の英語力、留学開始時期や期間など、本当に様々な要因による上、更に留学中の頑張りによって大きく異なってきます。ある程度の目安はアドバイスできますので、お気軽にご相談ください。

line


question日本語の理解できるスタッフはいますか?
answer語学学校段階では、日本人または日本語の理解できるスタッフが勤務しているのが一般的ですが、中学・高校になりますと、日本人スタッフは勤務していません。日本人や日本語の理解できる教師が学校内に勤務している学校もありますが、あくまでも教師であり、サポートを提供するスタッフではないことをあらかじめご理解いただく必要があります。

question保護者が英語が理解できないため、何かあった時が心配です。
answerその場合には、弊社ガーディアンサポートのご利用をご検討下さい。当社の日本人スタッフが、保護者様の代理として留学生を現地でサポートいたします。問題があった時にはもちろん、定期連絡も、日本人である当社を通して行われますので、保護者様にとっては常に日本語での連絡ということになり、英語力の心配はありません。詳しくはこちらをご覧下さい。

line


question寮のある中学・高校に入学できますか?

answerニュージーランドの場合、寮制度を採用している学校の数はあまり多くなく、中には留学生の入寮が認められていない学校もあります。ただし、入学自体は可能です。なおこちらの寮では、最高学年になるまでは個室は利用できず、数名での相部屋となるのが一般的ですので、ご注意下さい。

questionホームステイはリストから選べるのですか?
answer リストから選択することは出来ませんが、当社を通しホームステイ手配元(通常は学校)へ、すべてのリクエストをご連絡させていただきます。手配元も出来る限りご希望に沿った家庭に滞在いただけるよう最善を尽くしますので、ご安心下さい。

question食べ物アレルギーがあるのですが、ホームステイや寮滞在は出来ますか?
answerアレルギー源となる食品次第です。そばやマツタケアレルギーなど、こちらでの食事にはあまり含まれていない食材が原因の場合には、大きな問題なくホームステイ・寮滞在が可能です。一方、各種肉類や乳製品など、こちらの食文化の中心となる食材がアレルギー源である場合には、宿泊先や、場合によっては通学可能な学校が制限されることもありますので、お早めに当社へご連絡下さい。

questionホームステイはどのように選択されているのですか?
answer学校の担当スタッフ、または学校が提携する外部ホームステイ斡旋業者が手配しています。学校や斡旋業者のスタッフは、実際にホームステイ先を訪問し、ホストファミリーを面接した上で、留学生の受け入れ環境が整っていると判断した家庭のみを、ホームステイリストに加えています。なおニュージーランドでは、留学生が問題なく留学生活を送ることが出来るようにという目的で作られた法律があり、その中でホームステイについても詳しく規定が定められているため、ホームステイの質を高く維持できています。

questionホームステイの変更は可能ですか?
answer状況次第では可能です。何かしら問題があった場合には、まず問題点を明確にし、改善することができないかを確認することになります。その上で改善が出来ないという判断が出た場合に、ホームステイ変更と言う対応を取ることになります。当社ガーディアンサポートをご利用いただいている場合には、こういった問題発生時には当社が率先して解決につとめる事になります。

questionホームステイ先の食事が口に合わない。
answer ニュージーランドの食文化は日本の食文化とは大きく異なります。アレルギーなど健康上の理由をのぞき、食べ慣れていない程度の理由であれば、食文化の違いも留学の醍醐味と考え、是非挑戦してみてください。なおこちらの食事は味をうすく、またはほとんど味付けせずに調理し、各自が食卓で塩コショウで調味するのが一般的です。必要であれば、気兼ねなく調味料を利用しましょう。またインスタント食品、冷凍食品もよく利用されます。
自分のまたはお子様の滞在しているホームステイ先の食事はこちらでは一般的なものなのか、それとも何か改善を求めた方が良い内容なのか、といった判断が付けられない場合には、お気軽にご相談下さい。

questionホームステイ先で問題があった場合には、誰に相談すればよいですか?
answer当社ガーディアンサポートをご利用の方は、お気軽に当社へご相談下さい。必要に応じ、ホストファミリー、学校スタッフとの話し合いの間に入り、問題解決をサポートいたします。
当社ガーディアンサポートを利用されていない場合には、学校のホームステイ担当スタッフ、または留学生サポート担当スタッフへご相談下さい。
また、当社スタッフが留学カウンセラーとして対応してきたホームステイ先での問題、それらの問題の原因のほとんどはコミュニケーション不足または英語力不足による勘違いでした。早めに第三者が間に入ることで、極簡単に問題が解決する場合も多々あります。我慢せず、口に出して相談しましょう。