お問い合わせはこちら お申し込みはこちら
ニュージーランド在住留学カウンセラーにスカイプ電話で直接相談!
もちろん無料です。
専門留学もくじ
さらに挑戦!
ニュージーランドへ移住体験
ニュージーランドでバリスタ
ワイナリーツアー

お役立ち情報
24時間以内にご返答いたします。
週末、NZの祝祭日を挟む場合、お時間がかかることがございます。
ご了承ください。
Home専門留学 pankuzu 就職・永住を目指す留学
就職・永住を目指す留学
ニュージーランドでの就職を目指す留学

こちらで就職することを目的として渡航する方、最近とても増えています。
日本である程度社会経験をつまれた上でのキャリアチェンジとして検討されている方はもちろん、大学修了又は中退後すぐや、中には高校卒業後に渡航して、学習した後に就職を目指される方も。
当ページは、そういった“就職したい”方を応援するページです。
またこちらで正規就職された方が、最終的に永住権を取得するケースも多いため、永住権取得も視野に入れた渡航されても良いですね。

就職成功のキーワード

english visa skilltiming

英語力:

ニュージーランドは英語圏。例えば日系の会社だとしても、英語力が低ければ就職が出来る可能性は低くなるのが現状です。必要に応じ、英語研修期間を設けて英語力をあげることも必要です。

就労可能なビザ:

就労可能なビザを持たない状態での就職活動は、とても困難です。以下に記載している様々な就労可能ビザを活用し、能率よく就職活動を行いましょう。
  • ワーキングホリデービザ: 健康な18~30歳の方であれば利用可能。雇用証明は必要なし。12ヶ月の就労が可能。

  • 語学研修生用の就労許可: カテゴリー1の語学学校へ、14週間以上のコースへ申し込みされている方は、週20時間までのアルバイトが許可される。雇用証明は必要なし。

  • 専門コース通学生用の就労許可: 移民局の指定するコースに在籍している学生は、通常週20時間以内、ホリデー中はフルタイムでのアルバイトが許可される。

  • 専門コース修了生用の就労許可: 移民局の指定するコースを修了した学生は、就職活動用の就労許可“Post Study Work Visa”が発給される。当許可は1~3年間有効で、雇用証明も必要ない(受講されているコース、都市によって有効期限が異なります)。尚、ネイピアのポリテクニックEIT にて開講されているこのタイプのコースは、こちらからご覧いただけます。
    ※2018年11月26日に有効になる移民法変更により、許可の期限が1-3年となりました。詳しくは、移民局ウェブサイト(こちら)をご確認ください。

技術・経験:

日本でこれまでに培った知識や技術、経験をそのまま生かす事が出来る方もいらっしゃいますし、ゼロから新しい分野で頑張ったほうが、こちらでの就職が現実的という方もいらっしゃいます。それぞれの状況や希望に合わせ、進路を決定しましょう。

運・タイミング:

日本と同様こちらでも、就職には運やタイミングも関係してきます。「運も実力のうち」とは言うものの、このキーワードに関しては中々努力も難しいところ。それでも、日ごろから関心ある業界の情報に敏感になっておいたり、まわりの人に自分の希望を話して置いたり、業界の人脈を増やせるような機会に積極的に参加したり、、といったことは出来るかもしれませんね。


就職までの流れ

ステップ1) 語学学校での英語研修
arrow    
ステップ2) 専門学校での学習
arrow arrow  
ステップ3) 就職活動
arrow arrow arrow
ステップ4) 正規就職

は、英語力が不足している方。英語を勉強してから専門学校へ入学し、正規就職を目指します。
は、英語力が中級以上(分野による)既にある方の場合の流れ。専門学校へ直接入学し、正規就職を目指します。
の方は、英語力も、就職活動に生かせる知識や経験等も揃っている方のための流れ。この場合には、当社でお手伝いできることは全くないのが正直なところです。後は就職活動をするのみ! Good luck!!